期限が過ぎた精油の活かし方

残った精油

こんにちはアロマセラピストの澤本誠子です。
「てころかほり手帖」では
身近なアロマテラピーをテーマに
精油の活用方法やアイデアをご紹介していますが…

それでも精油ってなかなか使いきれません・・(泣)
 

精油の使用期限は種類によって
差があるものの開封後は
おおむね一年くらいとなります。
(柑橘系は3ヶ月から半年)

精油は空気中の酸素と簡単にに結びついて
「酸化」という変化を起こします。
酸化した精油は香りや色が変化するだけでなく
お肌に刺激になってしまうことも・・・

ですから直接肌に触れるような使い方
ナチュラルコスメ作りや石けん作りに活かす場合は
新鮮な精油を使用することが鉄則です。
 

さてさて、
それでは使用期限を過ぎてしまったものを
すぐ捨ててしまうしか方法は無いのでしょうか???

肌に直接つけたり
体内に積極的に取り入れる方法は避けて
それ以外の方法として
私がおすすめしたいのは
ルームフレグランスとしての活用です。
 

使用期限は少し過ぎてしまっても
香りの変化が小さい場合は
皮膚に直接触れない方法でどんどん消費しましょう。
アロマランプやディフューザーでもいいのですが
あまり熱などを加えたくないので
アルコールに希釈してリードスティックを挿すだけの簡単ディフューザーの活用や
天然塩重曹を容器にいれて
そこに精油を垂らす方法がオススメです。
 
期限切れの精油どう使う

 
その他、キャンドルやワックスサシェ
ハーブとブレンドした簡単ポプリなど
香りを楽しむクラフトにどんどん利用しましょう。

もっとお手軽な方法としては
ティッシュに2~3滴たらしたものを
そのまま、くずかごにポイ。

キッチンだったら
ハッカ油ローズマリーなどのハーブ系
お子さんのお部屋は柑橘系
ランドリーや洗面所はフトモモ科
寝室にはラベンダーフランキンセンス・・・
といった使い分けも簡単にできます。

ボトル内の精油が残り少ない場合は
ふたを開けて
トイレや玄関などに飾っておけば
ほんのり香りが漂います。
 
精油と重曹、ソルト
 
少々ズボラにも思えますが、
手軽に香りを取り入れる方法として
是非、お試しくださいね。
 
 

PAGE TOP